天気が悪いと身体が痛む、、
2016年 2月 12日 Fri

みなさん、おはようございます!!

骨盤矯正が得意なひなた整骨院です(^O^)/

天気が悪くなると古傷が痛む、、、

身体の節々が痛くなる、、、

誰しもこのような経験をしたことがあると思います。

では、なぜ天気の変化によって身体が痛むのか??

今日はこの理由についてご説明したいと思います(^^ゞ

まず、天気が悪いという事は気圧が低下します。

そうすると人間の体内では(ヒスタミン)が増えるという事が分かっています。

このヒスタミンにより自律神経である交感神経が刺激をするといった働きが

あります。

さらに、交感神経には筋肉や関節の周辺で血管を収縮させ神経を過敏

に刺激させることがありこれにより痛みを強く感じるようになっているというわけです(*_*)

痛みがある時には無理をせずきちんと身体のケアをすることが大切です。

ひなた整骨院ではそういった身体のケアも行っていますのでぜひご来院くださいね(^O^)

 rain