スマホの使い過ぎで…
2016年 7月 20日 Wed
みなさん、こんにちは(^O^)
 
交通事故専門治療院のひなた整骨院です(^o^)/
 
 
先日、梅雨明け宣言もされていよいよ本格的に暑い気候となってきました。
汗をかいて水分は減っていくので、こまめな水分補給は行って下さい。
 
 
 
いきなりですがスマホやパソコンを使った際に指や手首が痛むということはないでしょうか。
 
最近、スマホやパソコンの使い過ぎで腱鞘炎になる方が増えてきています。
 
腱鞘炎は放置すると最悪の場合は手術というケースもあります。
 
そこでそうならないためにも腱鞘炎の予防となるストレッチ等をご紹介します!
 
 
・腱鞘炎の対処法
①安静にして固定
②温めながら手を動かす
    ※熱感がある場合は冷やす
・腱鞘炎の予防法
①腕の筋肉
手のひらが上を向いた状態で、右腕を身体の前       に伸ばします。

そして、左手で右手の指をつかみ、右の手のひらが前を向くようにして、右手首を軸にして引っ張ります。


image1.JPG

続いて、手のひらが下になった状態で、右腕を前に伸ばします。
左手で右手の指をつかみ、右の手のひらが身体の方向を向くようにして、右手首を軸にして引っ張ります。
 
image2.JPG
 
②肩の付け根
右腕を左側の方向に伸ばし、右腕を左腕で抱え込むようにして、右肩の付け根を伸ばします。
右肩が上がらないように注意してください。
 
image3.JPG
 
③指の付け根
右の手のひらが机とピッタリくっつくように手をおきます。
次に左手を使って、右手の人差し指~小指を順番に反らしていき、指の付け根を伸ばします。
 
image4.JPG
 
続いて、右手を机から離して手のひらを上に向けます。
そして、左手を使って右手の親指をつかみ、小指の先が向いているのと反対方向に親指を引っ張り、親指の付け根を伸ばします。
 
image5.JPG
 
④脇の下

両腕を上にあげて、右手のひじを頭の後ろ側で曲げます。
そして、左手で右ひじを軽く押し、右側の脇の下を伸ばします。

image6.JPG

現代はスマホやパソコンに触れる機会が多くなり、腱鞘炎とも隣り合わせとなる時代です。

ぜひ、ご紹介しました対処法と予防法を実践してみて下さい( ゚∀゚)