使い分け!!
2015年 7月 6日 Mon

みなさん、こんにちは!!
交通事故専門治療院のひなた整骨院です!!

湿布

みなさんはどんな症状のとき

温湿布・冷湿布を使用していますか?


家にある買い置きや

病院でもらったあまりなど

なんとなくあったから...

と、使用する方が多いのではないでしょうか?

ひなた整骨院では湿布を販売しています!!

必要な方は先生に一度ご相談くださいね(*´ω`*)

さて、冷湿布・温湿布ですが

ともに鎮痛・消炎作用があり

皮膚の温度を下げる効果があります。

皮膚の温度が下がることで

痛みよりも心地よさが先に脳に

伝達されるため痛みが緩和された感覚になります。

では何が違うのか...


まず【冷湿布】

こちらは冷たさを感じるメントールが含まれており

急性の痛み、

例えばぎっくり腰やねんざなど炎症を起こしている

または腫れがある場合に使用します。

そして【温湿布】

こちらは温かさを感じるカプサイシンが含まれており

慢性的な痛み、

例えば肩こりや腰痛など

血流を良くしたい場合に使用します。


これらの特徴を使い分けて使用することで

痛みをより緩和することができるでしょう。


しかし、湿布は一時的な

応急処置にすぎません。

根本的な歪みを治さなければ

痛みは繰り返しおきてしまいます。


痛みが気になるときは矯正の得意な

ひなた整骨院にご来院くださいね♪


みなさんのご来院スタッフ一同

心よりお待ちしております!!


【今週のクーポン】


今週はじゃんけんです!!

勝ったら100円offです(^-^)


がんばってくださいね♪

<<交通事故・肩・腰・骨盤矯正・日曜診療>>

ひなた整骨院⇒thanks-hinata.com