ぎっくり腰とヘルニアの違い
2016年 11月 11日 Fri

みなさんおはようございます!

今日も夜8時まで診療を行っている

ひなた整骨院です☆

みなさんぎっくり腰とヘルニアの違い

知っていますか?


ぎっくり腰は突然起きますが、

安静にしていれば数日で痛みが治まります。

それに対してヘルニアは

発症直後の痛みが長く続き、

数日経っても治まらないこともあります。


そして、痛む範囲が違います。

ぎっくり腰は腰を中心に、

腰まわりが痛みますが、

ヘルニアは腰だけではなく

お尻や足など下半身にも痛みが起こります。

どちらも起きてしまったら

まずは安静にする事が大切です。

そして、ぎっくり腰は

痛めた箇所の血流を抑えるために

冷やすことが効果的です!

ヘルニアは腰に負担をかけないように

することが1番です!


最近では20代から40代の

比較的若い世代にも多く

表れているそうなので、

少しでも痛みを感じたら

悪化する前に

ひなた整骨院にお越しください(*^-^*)


image1

img_1951